Sanay

現地発、日本人向けミャンマー最大級総合情報サイト
2000年より創業、日本人常駐の現地企業ミャンマー旅行手配累計1万人以上の実績

ミャンマー便り 2015年08月News from Myanmar(Burma)

2015/08/21

J-SATグループの介護技能実習生向けの学校を開校


2016年に開始予定の介護技能実習制度向けて07月15日、ミャンマー国内における実習生育成機関の学校を開校しました。
ミャンマー視覚障碍者支援で培った人脈を生かし、ミャンマー医療界のオールスターが在籍するGolden Zaneka Public Co.,Ltd.と協力しています。入学した生徒は医師会推薦の優秀な候補者から選ばれました。第一期生の生徒9名は約8か月
の間、ミャンマー国内で日本語と介護の技術研修を受け、来年5月に日本渡航の予定です。
なおこの技術研修は、日本の介護職員初任者研修と同等の内容で、新設予定の外国人安全介護技能士4級も国内で取得後、
日本へ渡航を予定しております。見学ご希望やその他お問い合わせについては下記MIBTIまでご連絡くださいませ。

Myanmar International Business Training and Internship General Services Co.,Ltd. (MIBTI)
No.339, Room 1210, 12-A Floor, Sakura Tower, Bogyoke Aung San Road,
Kyauktada Township, Yangon.
Phone : 09-421140289, 09-31645548
Email Address : kaigai@j-sat.jp



2015/08/18

ミャンマーで1号店「大阪王将タムエ店」がオープン


ヤンゴンのタムエ地区でミャンマー1号店「大阪王将 タムエ店」を8月15日(土)にオープンしました。
現地の人たちをターゲットに、看板商品の餃子を初め、日本式の"和風カレー"、チャーハン、天津飯など座席数は44席で、
価格は2500チャット〜6500チャット(円換算で250円〜650円)で現地の人に親しまれる日本食レストランです。
来月中には2号店をパズンタウン地区のイェーチョ通りにオープン予定です。

「大阪王将タムエ店」
住所 No.256, Kyaikasan Road,Tamwe Township,Yangon
営業時間10:00〜22:00
席数44席
メニュー内容餃子、カレー、炒飯、天津飯、ラーメン、逸品、セットメニュー
電話 09-25867611



2015/08/14

日本・ミャンマー交流写真展 作品募集


写真展概要(参考資料)
「ミャンマー祭り2015」のスペシャルプログラムとして日本・ミャンマー交流写真展を開催いたします。
どこか懐かしい風景、つましい人々の暮らし、壮大な自然と歴史を見守ってきたパゴダなど、思い出のミャンマーの写真を
幅広く募集いたします。

■入選作品は「ミャンマー祭り2015」 2015年11月28日〜29日の会場:増上寺慈雲閣に展示いたします。

募集作品の中から次の通り入選作品を選考します。
◇大 賞 1点 100,000円
◆安倍昭恵賞 1点
◆審査委員長賞 1点
◆Across・No.1 TRAVEL 賞 1点
◆協賛各社賞 数点
◆優秀賞 数点

■審査委員
委員長:関口照生
(ミャンマー祭り実行委員会 委員長/NPO法人メコン総合研究所理事/写真家)

委 員:玉置彰宏
(ミャンマー祭り実行委員会 副委員長/NPO法人メコン総合研究所所長)
安倍昭恵
(ミャンマー祭り実行委員会 名誉会長/NPO法人メコン総合研究所名誉顧問)
豊岡鐐尓
(ミャンマー祭り実行委員会 副委員長/公益財団法人浄土宗ともいき財団理事長)

応募要領
■作品募集期間2015年7月1日(水)〜10月15日(木)
■応募資格アマチュア写真家のみ応募できます。
■題材ミャンマーの歴史、文化、宗教などの写真
■作品の規格

フィルムカメラ、デジタルカメラで撮影したもので、カラーまたは白黒。
サイズはプリントで六つ切り判サイズ(ワイド可)。自宅プリンター使用の場合はA4サイズ。
未発表のものに限ります。
デジタル作品の場合は、合成、消去、色の置き換え等の加工を行ったものは応募できません。


■応募点数1人3点まで応募できます。
■応募方法【郵送】締切日消印有効とします。
送付先:〒105-0011 東京都港区芝公園4-7-4 明照会館3階
公益財団法人ともいき財団内
ミャンマー祭り実行委員会 写真展係
Tel.03-6278-7464 Fax.03-5550-8597
【E-mail】info@myanmarfestival.org

■そのほか
応募作品は返却しません。
被写体に人物等が含まれる場合、肖像権侵害等の責任は負いかねますので、応募に際し、必ず被写体の承諾をいただいて

ください。応募作品の取り扱いには十分注意しますが、汚れ、破損等が生じた場合、責任は負いかねますので、予めご了承
ください。他人の著作権や肖像権を侵害するような行為が行われた場合、それに関するトラブルの責任は一切負いかねます。
また、そのような作品が入賞した場合、入賞を取り消す場合があります。応募者本人が撮影し、すべての著作権を有している
作品に限ります。他人の名前を使用した場合は失格になります。

■応募票について
写真裏面に住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、画題、撮影場所、撮影年月日、コメント(作品の説明等)を記載した応募票(自作可)を貼り付け、郵送してください。入賞作品の著作権は撮影者に、使用権はミャンマー祭り実行委員会に帰属します。入賞通知を受けたら、フィルムカメラ作品についてはフィルムを、デジタルカメラ作品についてはFD・CD-R等にて
データを提出していただきます。
(※上記情報はミャンマー祭り実行委員会事務局より)

2015/08/12

日本・ミャンマー人形劇交流事業 文楽・ミャンマー人形劇レクチャー&デモンストレーションが開催


在ミャンマー日本国大使館は、国際交流基金バンコク日本文化センター、ミャンマー演劇協会、ミャンマー人形劇協会との
共催で、「日本・ミャンマー人形劇交流事業:文楽・ミャンマー人形劇レクチャー&デモンストレーション」を開催いたし
ます。日本からは文楽協会所属の若手技芸員6名が、ミャンマーからはマンダ レーの人形劇グループ等から10名の演者が
参加します。
それぞれ、文楽やミャンマー人形劇の歴史や技術をレクチャー形式で紹介しながら、実際に短い演目もいくつか上演する
そうです。
ご興味のある方は是非ご覧になってはいかがでしょうか!

日本・ミャンマー人形劇交流事業
文楽・ミャンマー人形劇レクチャー&デモンストレーション
日時 2015年8月18日(火)
1回目13:00〜15:30
2回目17:30〜20:00
※日本語‐ミャンマー語の逐次通訳(英語通訳は無し)
※2回とも同一内容です。
※入場は無料です。
※座席は先着順。席に限りがございます。
会場 : Kanbawza Mini Theatre, Chin Chaung Palace

(No.131, Chin Chaung Palace, Kabar aye Pagoda Road, Bahan Township, Yangon)



(※写真は、在ミャンマー日本国大使館フェイスブックより)

2015/08/10

ミャンマーで洪水被害・土砂災害が発生しています!!


ミャンマーでは北部・西部及び中部を中心とした広い地域において、7月中旬以来続く豪雨により、洪水被害・土砂災害等が
発生しています。14州・地方域のうち、11州・地方域において、ミャンマー今月2日までに少なくとも27人が死亡し、
約22万人が避難していると新聞等では報道されております。我々も被害地域で活動しているNPO団体 とも協力し、被害者
のため募金活動を行っております。弊社オフィス(J-SAT、サネイトラベル、Genkyクリニック)にも募金箱を設置しており
ますので、寄付したい方はぜひお立ち寄りください。一人一人のご協力が、被害者の救いとなります。



※写真は、フェスボックより

2015/08/04

MPTが国際電話の料金を値下げしました


MPT(ミャンマー郵電公社)が今年6月22日より国際電話の料金を値下げしました。国際電話とはミャンマー国内から
海外の固定および携帯回線への音声通話のことを指します。国際電話の料金は世界を5つの地域に分けて設定されていて
200から800チャットとなっています。ASEAN +8 の地域がもっとも安く1分で200チャットです。
これにはバングラデシュ・ブルネイ・カンボジア・中国・香港・インド・インドネシア・日本・ラオス・マカオ・
マレーシア・フィリピン・シンガポール・韓国・台湾・タイ・ベトナムが含まれます。
新しい国際電話料金は6月22日から適用され登録・申請などは必要なくMPTの利用者(GSM,WCDMA, CDMA)であれば
利用できます。着信先のキャリアがどこであれ同じ国であれば同一料金となります。

詳しい情報は下記ホームページ及びコールセンターまで確認お願い致します。
https://www.facebook.com/mptofficialpage
https://www.mpt.com.mm

Call Center : 106
free hotlines,24 hours everyday



※写真は、ミャンマー郵電公社フェスボックより

handbook banner

  • 関連書をサーチする:
  • Amazon.co.jp のロゴ

BACK

特記事項のない写真、記事の著作権は全てSanay Travel & Toursおよび後藤修身に属します。

Myanmar DCR

WEB作成:Yangonow
--Copyright 2000-2015 Yangonow. All rights reserved.---

Top