ミャンマー現地情報ヤンゴンナウTOPへ
ミャンマー現地情報 ヤンゴンナウ
ミャンマー基本情報 国内線、バス、列車情報 ホテル情報、予約 ミャンマー旅行手配 文化紹介 ミャンマーを読む、聴く ミャンマーからの最新情報 その他サービス
ミャンマーから毎日お届けする街角ニュース ミャンマーの作家から 日本人によるエッセイ ミャンマー最新ヒットチャート
ヤンゴン・ナウとは?

Essay by Kimura Kenichi          
木村 健一のエッセイ
30 ビヤガーデンの楽しみ方 (2) 2002/12/5
29 ビヤガーデンの楽しみ方 (1) 2002/11/17
28 泥棒を招き入れた話 2002/11/13
27 ある若い夫婦の物語 2002/8/6
26 テテモウの謎 2 2001/10/11
25 象の足 2001/10/9
24 水が出た! 2001/10/9
23 ジョウピンター村に行く4 2002/3/12
22 ジョーピンター村に行く1〜3 2002/3/12
21 ヤンゴンで日本語を考える 2001/5/1
20 ヤンゴンで食べる日本食 2001/5/1
19 ファッショナブルな若者達 2001/5/1
18 いなかっぺ(トーダー) 2001/5/1
17 タムエー地区 2001/4/28
16 新居祝い 2001/4/28
15 ヤンゴンで家を買う 2001/4/28
14 停電の熱帯夜 2001/4/25
13 ティンジャン 2001/4/25
12 ヤンゴン愛猫物語 2000/9/23
11 住めば都ヤンゴン 2000/9/23
10 ヤンゴンで凍える! 2000/9/11
9 ある日忽然とホテルが消えていた!! 2000/8/22
8 ヤンゴンで日本のニュースを考える 2000/8/22
7 ヤンゴン愛犬物語 2000/8/22
6 アレレー男が道の端にすわって何してるの? 2000/8/22
5 ミャンマーの不思議 2000/5/24
4 CM女王テテモウの謎 2000/3/4
3 日本では買えない日本製品? 2000/3/4
2 河の向こうは田舎 2000/2/21
1 人と車があふれるDOWNTOWN 2000/2/21
マガジン
ミャンマー便り
ミャンマーリポート
エッセイ
ヒットチャート
ヒットチャート
アルバム紹介
マガジントップへ
エッセイ
2004/10/15
ミャンマーエステ/マッサージ体験記-エロス編

2004/7/8
ミャンマーエステ/マッサージ体験記-L'ESPACE編

2004/6/17
ある日本軍兵士の慰霊碑

2004/4/22
ガパリビーチを楽しむ

2004/3/30
グエサウンビーチ紀行

2004/2/25
ミャンマーで働くことを選んだ理由 中編

2004/2/25
ミャンマーで働くことを選んだ理由 前編

2004/1/5
City FM 出演

2003/4/16
ザップエ

2003/2/9
ラッペイエの作り方教わったよ

まちのティーショップしらべ / バンブーハウス

2003/2/3
まちのティーショップしらべ / モダン

まちのティーショップしらべ / トウキョウシンジュク

2003/2/1
まちのティーショップしらべ / モーニングスター

まちのティーショップしらべ / ラーイエッ

2003/1/27
まちのティーショップしらべ / ユミコ

まちのティーショップしらべ / サンカフェジュニア

2003/1/24
まちのティーショップしらべ / セインティンチャ

まちのティーショップしらべ / レッユエッスィン

2003/1/16
まちのティーショップしらべ / ラッキーセブン

まちのティーショップしらべ / はじめに

2003/1/12
障害を乗り越えて

2002/12/31
ビルマに野球を

2002/12/16
歴史カードを使わない国ミャンマー

2002/12/5
ビヤガーデンの楽しみ方 (2)

2002/11/17
ビヤガーデンの楽しみ方 (1)

2002/11/13
泥棒を招き入れた話

2002/8/6
ある若い夫婦の物語

2002/3/12
ジョウピンター村に行く4

ジョーピンター村に行く1〜3

2001/10/11
テテモウの謎 2

2001/10/9
象の足

水が出た!

エッセイページのトップへ

CM女王テテモウの謎
 by 木村 健一

 クラスメートから時々日本の新聞や週刊誌がまわってくる。旅行者が誰かのところに置いていた女性週刊誌に「99年度のCM女王は藤原紀香 12社出演!」という記事が目に入った。
「ふーん12社ね?」
ミャンマーではCM女王と言えば知らない人もいないだろう。前回の文にも度々名前が出たテテモウがいる。

テテモウとルウィンモウ
写真提供:SANAY MEDIA

 30歳前後で何度も離婚を繰り返し、中太りの女優さんなのだが日本人の基準からすると全然美人ではない。はっきりと「ブス」と断言する人もいる。しかし、女優も男優もすべて主役級の人達は頬っぺたふっくらが最低必要条件のこの国、その中にあってもテテモウの人気は群を抜いている。
 こちらのTVのゴールデンアワーにはCMが30分 - 40分続くのだが、テテモウ主演のCMだけで10連発なんて事も珍しくない。洗剤会社7社を筆頭に、パン、麺類、工業用パイプ、ペンキ、不動産、シャンプー、化粧品、小麦粉、おかし、香水、傘、金、銀行、宝石店、ロンジー、コンピュータ、飲料水とTV、雑誌、ポスターを含めると50 - 60社は下らないと思う。ある日本人の友人は、こういう国だからCMはこの人だけと決められていると初めは思っていたそうだ。
 それ程の出演頻度である。しかも、ここがこのミャンマーのすごいところで、洗剤だけでも7社に登場している。そのパターンは様々だ。ドウェとルウィンモウという2大男優とそれぞれ1本ずつ共演、今の旦那様と共演している分、インレー湖で撮影した分等、内容はバラエティーに富んでいるが、各社の洗剤のCMで、甘い独特の声で「アカンゾン(一番良い)」と臆面もなく宣っている。どの洗剤が「アカンゾン(一番良い)」なのか分からない。藤原紀香嬢がいかに魅力があると言えども、日本のCM界でソニーとパナソニックのCMに同時に出演できるだろうか?
ソウミャトゥーザ
Photo by Kyaw Soe Poster Distributer
メイタンヌとドウェ
Photo by Kyaw Soe Poster Distributer
 テテモウの本業は映画女優である。年に1、2本は映画にも主演している。年間の劇場用映画製作の総数が20本足らずのこの国では、まずまずの回数ではなかろうか?この国のアカデミー主演女優賞も一度授賞しているが、他にも2回授賞のソウミャトゥーザ、3回のメイタンヌ(彼女は夫が有名な監督なので映画、ビデオ出演など、今一番脂の乗っている40代の女優さん。しかし、時々20代の女性を演じる!この人もすごい)、その上に4回授賞の演技派モモミィアウンがいるし、美人コンテスト出身で現在50代だが今だに完璧で美しい数々の賞に輝くドーキンタンヌも健在である。ですから、女優として決して一番ではない[テテモウ]だがCMに関しては、私が知っている98年99年そして今現在と向かうところ敵なしと群を抜いている。この彼女の人気パワーはどこから来るのだろうか?
 仔細に見ていくと、日本とこの国の美意識の違いが見えて来るような気がする。「美人ではない」という前提に述べていこう。
 シャン族という噂の彼女は色が白い。南国フィリピンでもタイでも女性の憧れは白い肌なのだ。そして手が実にたおやかで美しい。彼女もその事を意識してポーズも手を強調している。
カインテンチ
Photo by Kyaw Soe Poster Distributer
ソーミャーナンダー
Photo by Kyaw Soe Poster Distributer
そしていつも笑顔でコミカルで庶民派を演じる。しかし最大の魅力は声にあると思う。テテモウのNO.1の座をねらう若手女優が4 - 5人の人気がそれぞれ急上昇してきている。その中で2番手のカインテンチは実にキュートで可愛いい。2回アカデミーをとったソーミャトゥーザの妹ソーミャーナンダーも背も高くショートヘアで可愛い。しかし、2人とも残念な事にひどい悪声でCMは唄もセリフも声優さんの吹き替えである。特に日本人好みの[カインテンチ]は、ある銀行のCMに地声で登場した。それまで大ファンだった私の友人は非常に失望していた。ミャンマーの言葉に「声が低い」という表現がなくて「ヤウジャー(男)アタン(声)」と言うのだそうだ。美人なのに、嘘―――!!という程低音の男声の人が多い。 故にテテモウは女らしい甘い声でCM女王の名を欲しいままにしている。毎日TVで彼女を見ていると、何ともいえない親近感がわいて来る。そして企業としても、やはりNO.1のテテモウに出演してもらいたいのだろう。彼女を起用する事によって、一流企業なのだという矜持(きょうじ)と願いをこめているかのようである。
 私の「テテモウの人気の謎」の研究はまだまだ続きそうだ。

テテモウ
Photo by Kyaw Soe Poster Distributer

(C) 木村 健一