Sanay

現地発、日本人向けミャンマー最大級総合情報サイト
2000年より創業、日本人常駐の現地企業ミャンマー旅行手配累計1万人以上の実績

モヒンガの作り方(1/2)Recipe for Mohinga

by 西垣 佐人江

今回のモヒンガ作りに関してヤンゴンのYWCAの先生方およびスタッフの方々にご協力をして頂きました。

材料 約18人分

1. ニシニゴイダマシ(魚)825g
*コイの一種。コイの代わりにイワシやサバでもOK。
2. ニシンのすり身330g
*なくてもOK。
3. ナマズ825g
4. バナナの茎20cm
*ない場合は、小さなタマネギを丸ごとたくさん入れてもOK。
5. コリアンダー80g(付け合せ用)
6. 唐辛子16g
7. にんにく400g
8. ザパリン4本
(レモングラス、香辛料の一種で調味料として使う。
香りがよい)
9. しょうが30g
10. アヒルの卵4個
*鶏卵でもOK。
11. タマネギ825g
12. 魚醤300cc
13. 塩少々
14. 油(ピーナツオイル)500cc
15. 味の素大さじ1杯
*最近は入れる人が多いが、本来は入れない。
16. 黒こしょう16g黒こしょう
17. 米の粉80g
18. 大豆250g
*時間がない人には市販で売られているきな粉を使用。
ピーナッツ粉もおいしい。
19. 炒め唐辛子少々
(付け合せ用)
20. ウコン(ターメリック)少々
21. 米の麺(モッパ)3kg
*そうめんやきしめんでもOK。

下準備

*  唐辛子は水洗いし半分に切って種を取り、水にしばらく漬けてやわらかくしておく。
* 大豆は水に10分くらいつけ、ひたひたにかぶるくらいの水で10分くらい煮てこしておく。
* 米の粉、米はフライパンでから炒りして石臼でつぶし粉にしておく。

* 黒こしょうは石臼でつぶしておく。
* 卵3個は付け合せ用でゆでて輪切りにしておく。残りの1個は塩少々入れ割りほぐしておく。
* 香草は水で洗い細かく切っておく。

BACK

特記事項のない写真、記事の著作権は全てSanay Travel & Toursおよび後藤修身に属します。

Myanmar DCR

WEB作成:Yangonow
--Copyright 2000-2015 Yangonow. All rights reserved.---

Top