ミャンマー現地情報ヤンゴンナウTOPへ
COMMENTS
  • ミャンマーで生産された「こしひかり」がついに入手可能に!
    └ 松浦孝英(07/18)
  • ミャンマー国立大学での日本語授業がスタート
    └ NaingMinOo(07/12)

日本兵かもしれない遺骨の放置


軍事施設内部ということで外国人が訪れることは少ない場所の僧院に用事があり先月訪ねました。そこの僧侶から、最近雨が降り土砂が削れて日本兵の遺体と思われる骨が出てきてるがどうしたらよいかと相談受けました。
この場所は戦時中イギリス軍と日本軍と激しい戦闘が行われた場所で、最近も不発弾や銃弾が見つかったようです。

ビルマの人はパゴダの近くに遺骨は埋めないとのことで、イギリス兵か日本兵の遺骨だろうとの話。戦時中は多くの日本兵が犠牲になったと前任の僧侶から聞いているそうで、かなりの確率で日本兵のものだろうとのことでした。
ちなみに国境地帯でもなく観光客も普通に訪ねることができる馴染みのある街の郊外。
ミャンマーに関わる人だけでなく戦後60数年経過した今でもこのような状況であること多くの人が知る必要があるように思います。



| 西垣 充 | comments(0) | trackback(0) | 戦争関連 |
この記事のトラックバックURL
http://www.yangonow.com/jpn/blog/wp/wp-trackback.php?p=211
このページの先頭へ
ミャンマー現地情報ヤンゴンナウTOPへ
COMMENTS
  • ミャンマーで生産された「こしひかり」がついに入手可能に!
    └ 松浦孝英(07/18)
  • ミャンマー国立大学での日本語授業がスタート
    └ NaingMinOo(07/12)
ミャンマーのつぼTOPへ
カレンダー
2019年8月
S M T W T F S
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ブログ内検索
プロフィール
その他
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥

このページの先頭へ