ミャンマー現地情報ヤンゴンナウTOPへ
COMMENTS
  • 海外人材受け入れ拡大には透明性と開示性を!
    └ Maruyama(04/12)
  • 「みんなの日本語初級Ⅰ」の教え方セミナーを行います。
    └ 西垣  充(11/19)
  • 「みんなの日本語初級Ⅰ」の教え方セミナーを行います。
    └ win win war(11/19)

ミャンマー人の学生ビザ交付率は僅か4.1%!

今年4月に入学する留学生へのビザ交付率が発表されました。

こちらは東京入国管理局の数字。

FB_IMG_1553515765114

ミャンマー人の学生ビザ交付率は4.1%。579名申請し交付されたのは24名のみ。(うち16名は弊社J-SATからになります。)

不許可の要因の多くは、経費支弁の書類偽造と言われています。
授業料支払いできるか、残高証明を提出しないといけませんが、この書類が偽造されているケースが多いようです。

残念なことは、今もミャンマー人の多くは、日本で働くには「日本語学校へ留学」というイメージが定着していることです。N5があれば申請できますので、日本語学校に通い、紹介手数料を支払えば簡単にいけると思っている人が多いようです。

経費支弁として100万円以上の残高証明を提出しないといけませんが、日本に働きに行こうという人の多くは資金的余裕がありませんので、偽造書類に手を出してしまいます。その結果が、今回のような結果になっているのかと思います。

技能実習生制度を使えば日本に働きにいけるのですが、行った人の様々な問題を聞き、また響きも良い「留学」を選ぶ人が多いようです。今回不許可になった人の多くは、技能実習生を目指すことになるのですが、ご存じの通り、一度入国管理局に文章偽造してしまえば、技能実習生でもビザが出るはずがありません。ただ、ほとんどのミャンマーの人はそれを知りません。

今月から「特定技能」が新たに始まりました。ミャンマー人も期待していますが、こういった不許可になった方々は行くことはできません。もちろん、それを知らないミャンマー人がほとんどと思います。

外国人材受け入れ拡大に伴い、多くの支援策が議論されていますが、最も根本的なところである、送り出し国への支援もぜひご検討頂きたいところです。
日本で働くためにはどういった方法があるのか?それぞれの特徴を相手国政府任せではなく、きちんと日本として伝えていくことが、外国人との共存社会を作るための第一歩ではないでしょうか。



| 西垣 充 | comments(0) | trackback(0) | 会社関係 |
このページの先頭へ
ミャンマー現地情報ヤンゴンナウTOPへ
COMMENTS
  • 海外人材受け入れ拡大には透明性と開示性を!
    └ Maruyama(04/12)
  • 「みんなの日本語初級Ⅰ」の教え方セミナーを行います。
    └ 西垣  充(11/19)
  • 「みんなの日本語初級Ⅰ」の教え方セミナーを行います。
    └ win win war(11/19)
ミャンマーのつぼTOPへ
カレンダー
2019年4月
S M T W T F S
« 3月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ブログ内検索
プロフィール
その他
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥

このページの先頭へ