ミャンマー現地情報ヤンゴンナウTOPへ
COMMENTS
  • ヤンゴンにできた新しい日本食レストラン「鎌倉(かまくら)」
    └ 下川有司(11/01)

チャイナタウンにできたベトナム料理店

チャイナタウンにいつの間にかベトナム料理店ができていました!
ベトナム人経営のホテルに併設していますが、ホテル同様看板は出ていません!

0.1


チャイナタウンのタンゼイの前。Mr.LEE という看板が目安です。


0.5

ベトナムのサンドウィッチ、バインミーもあります!1000チャット。

0.6

もちろんフォー 1500チャット、ベトナムコーヒー 900チャット。

ホーチミン出身のようで、そちらの料理がメインみたいです。
シェフはベトナム人ですので、いわゆる普通のベトナム料理。
これまで3度行きましたが、ベトナム人客ばかりで、ミャンマー人は一人も見ませんでした。
そんなにヤンゴンに来られてるんですねー。

1 2 3 4 5

ほとんどの料理が2000~4000チャットぐらい。
今のヤンゴンだと、とても安く感じます、オススメです!!!

Mr.LEE Vietnam Restaurant
129 Lanmadaw Street, Lanamdaw Township
TEL:01-251069



| 西垣 充 | comments(0) | trackback(0) | 会社関係 |
スタッフパーティー2014 今回もいろいろありました!

半年遅れでようやく開催できたJ-SAT・サネイ・GENKYのスタッフパーティー2014
前回は2013年2月に開催したので1年半ぶり。
J-SAT・サネイ・GENKYで50名だったのが今年は81名。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

現在は家賃高騰もあって、事務所が3カ所、店が2ヶ所 計5ヶ所に分かれており、それぞれお互い顔も行っている事業の詳細もわからないということで、各事業部から現在の事業内容や今後の抱負などをそれぞれ発表してもらいました。
(パーティー1時間前ギリギリに司会担当の Ma MAI HNIN AYE MONの発案により実現!)

1 2 3

そして、サネイ・J-SATを引っ張る Ma EI KAY THWE KHINE のスピーチ。

4

これはよかったですねー。
これからの想い、現状。そしてそこで思い出しましたが、1年半前のスタッフパーティーでワインを飲み、母親に怒られたAPRIL。癌が進行し20歳の若さ急死。交通事故で急死したロンロンさん。いずれも弊社を退職してからの他界ですが、ミャンマーでの命の軽さをあらためて感じました。
そんな彼女らも会場にいて一緒に楽しんでいるようでした。(日本的ですが・・・)

5

3ヶ月インターンで頑張ってくれた不動田さん。J-SAT人材紹介の部分や日本語教育でがんばってもらいました。ありがとうございました、そしてお疲れ様でした。

6

食事が始まったら、各テーブル入り混じって、写真撮影大会やらお決まりのカラオケ大会!
盛り上がって、「30万チャット争奪じゃんけん大会!」をやる予定が、タイミングを失いできませんでした。

78 9

もう一人のインターンの松永くんはというと・・・視覚障害者同士の夫婦が歌っているのに感動して号泣。いじられキャラなのか、ミャンマー人スタッフに飲まされていました!毎日感動の連続らしく、いいインターン生活を過ごしていると思います。

10 11

最後は、恒例のGENKY軍団の歌。踊って終わりました。
12

勤続18年のマベピィ。今年が初めての参加でしたが、50数年の人生で一番楽しかったと感動していました。他にも数名から同様に、生まれて一番楽しい時間でしたと言ってもらえました。

本当に本当に楽しいひとときでした。
皆が楽しんでいるのをみて、幸せな気持ちでいっぱいでした。
ミャンマーでの事業はいろいろ問題はありますし、だまされることもありますが、それでもこの瞬間を思い出したら、すべて乗り越えて行けそうです。

来年は大型バス3台借り切って、ヤンゴン以外の地でスタッフパーティできるよう、がんばりましょう!



| 西垣 充 | comments(0) | trackback(0) | 会社関係 |
第4回ジョブフェアで見えてきたもの

2014年8月22-24日まで3日間、ヤンゴン市内タマドウホールで第4回ジョブフェアが開催されました。

jsat1

ジョブフェアとはいわゆる就職フェア。就職したい若者らが訪れて各企業に登録を行います。J-SATのブースは出展社すべての中でも最も込み合っているといっていいほどのにぎわい、3日間で1002名の登録が集まりました。途中、10数名が同時に登録、登録待ちの状態も発生しました。


jsat2

 

弊社も第1回から出店していますが、今回は明らかに最初の頃とは異なっていました。

まず、第1回の時は大学卒業するも仕事の経験がなく、卒業後何もしていないか、語学学校やコンピュータ専門学校などに通っている人がほとんどでした。
今回は仕事経験者が多く、転職希望者がかなりの比率を埋めていました。

また驚いたのは既存の企業での給料。多くが3年目以内で20~30万チャット。(2~3万円)50万チャット(5万円)を超える人材も結構いました。
ほとんどは外資系ではなく内資系、いわゆるミャンマー企業です。

弊社への登録者はほとんどが大卒ですが、これまでは希望給料も80000~100000チャット(8千円~1万円)ぐらいでしたが、それが150000(1万5千円)スタートぐらいになっています。転職組は20万チャット以上がほとんど。
あっという間に賃金が上がっています。

そういえば最近、ミャンマー全国で農業調査をされている日本の大学教授から、最近農業は儲からないし生活が厳しいので、廃業する農家が増えていて、若者は都市部へ仕事を求め流出していると聞きました。

ここ2年ほどで、ようやく就職口ができ始めたのは喜ばしいことではありますが・・・
世の中の流れではありますが、ここミャンマーもついにその時がやってきました。

jsat3

非常に興味深いデータが登録者情報に含まれていますので、現在名古屋商科大学からインターンに来られている松永さんに、この情報をまとめて頂いています。
現在のミャンマー人求職者の実態がわかる貴重なデーターいなるかと思います。
ご希望者は弊社までお問い合わせください!

 jsat4

追伸:
ジェブフェア中、J-SATを通して就職が決まったミャンマーの方から寿司など数名から差し入れがありました。皆いい仕事をしています!



| 西垣 充 | comments(0) | trackback(0) | 会社関係 |
ヤンゴンのHOTEL KANKAW(ホテルガンゴウ)がすごい!

ヤンゴンにある日系ホテル「HOTEL KANKAW(ホテルガンゴウ)」

オープン当初は色々ありましたが、開業して一年ということもありサービスも安定してきました。

何と9月末までの宿泊者に対して、到着日に日本食の夕食が無料サービス! されます!

日本食レストランの「鎌倉」もいろいろありましたが、今では美味しい日本食セットメニューが充実していると評判ですが、この夕食がホテル代に含まれているという驚きのサービス。

さらに、最近は朝食が一新されています!日系ホテルということもあり、日本食が豊富。何とここヤンゴンで納豆が朝食に含まれています!

IMG_20140816_081402

IMG_20140816_081443

IMG_20140816_081514

少しづつですが、ヤンゴンの中級ホテルは増えてきましたが、どこも決めてに欠く状況の中、ここホテルガンゴウはダウンタウンへのアクセスもいいですし、リーズナブルでイチオシのホテルです。



| 西垣 充 | comments(0) | trackback(0) | 会社関係 |
ミャンマーで生産された「こしひかり」がついに入手可能に!

ミャンマーで日本米を作っているという話はよく耳にしましたが、実際はなかなか出てきませんでしたが、ようやく出てきました!

kome0002
kome0001


2013年9月に田植えした日本枚のこしひかり種が、14年1月に集荷、先月7月に精米して流通し始めました!

日本式の作り方を試行錯誤され、安心なお米と新米!
タチバナさん(キンエイエイさん)、お疲れ様でした!そして、ありがとうございます。
イラワジデルタ地帯で日本直輸の鶏糞を使ったり、他の畑の農薬が入らないように工夫したりと、想像を絶するご苦労から生まれた 日本のこしひかり!

ミャンマーに駐在されているだけでなく、日本食レストランを経営されている方にもおすすめです!

日本のお米の新米がヤンゴンで入手できるようになるとは・・・
何せ、先月精米されたばかりで、本当に美味しく感動です!

ご購入、問い合わせは下記のところから。
2KGを4000チャット。10KGを購入すれば無料で配送してくれるそうです。

U-net International Co., Ltd.
Room 102, No.62 Thiri Street
Sanchaung Township
Ph: 09-5185796 (日本語可能)
E-mail: pyathou@gmail.com



| 西垣 充 | comments(0) | trackback(0) | 会社関係 |
アニメーションの制作は今後東南アジアにシフトする(鈴木敏夫プロデューサー)

出勤前にテレビつけてたら、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー(65)が7日、NHK総合『あさイチ』(毎週月~金曜 前8:15)に生出演

gibri

製作部門をいったん解体する方針を表明した後でいろんな報道が出てましたが、そこで今後のアニメーション界について言及。

「アニメーションの制作は今後東南アジアにシフトする。タイやマレーシア、一部はベトナムですでに制作されているが、今後はそれが加速する。人件費の問題ではなく、アニメ制作をしようとする意欲ある人が東南アジアの人々の方が多い。日本人でアニメ制作をやりたい人は東南アジアに出かけて制作するという時代も・・・」

どの業界もコストではなく、労働意欲や質を求めて外国人人材を活用という時代に突入していきそうです。

ゲーム開発やゲームグラフィック制作関連の会社が狙っているミャンマーで、ジブリアニメの一部を作る時代が来るのもそんなには遠い話ではないですね・・・。

 



| 西垣 充 | comments(0) | trackback(0) | 会社関係 |
ミャンマー人材事情レポート

ミャンマー人材事情レポート

ミャンマー人材事情レポートとして、弊社人材担当の桂川氏がみずほ銀行会員サイトにて3回に渡ってレポートしています。


J-SAT桂川氏のミャンマー人材事情レポート 1
「日本からは見えないミャンマー人材事情」
http://www.mzhais.com/index.php?Mod=MainMenu&Cmd=DataList&Action=Detail&Lid=26&Did=13863

J-SAT桂川氏のミャンマー人材事情レポート 2
「ミャンマー人材採用戦略におけるポイント」
http://www.mzhais.com/index.php?Mod=MainMenu&Cmd=DataList&Action=Detail&Lid=26&Did=14051


J-SAT桂川氏のミャンマー人材事情レポート 3
「具体事例から読み解くミャンマー人材の採用・定着のポイント」
http://www.mzhais.com/index.php?Mod=MainMenu&Cmd=DataList&Action=Detail&Lid=26&Did=14345

(発行:みずほ銀行 直接支援部)



| 西垣 充 | comments(0) | trackback(0) | 会社関係 |
2006年から奨学金を出してきたティンさんがついに日本へ!


kuukou

2006年高校2年生の時から奨学金を出してきたティンさんがついに昨晩ミャンマーを旅立ちました。
school

当時のブログはこちらです。2006年6月13日に記載していました。

http://www.yangonow.com/jpn/blog/?p=101

8年前ですね。当時、低所得者層が通う学校の校長と知り合い、その校長から紹介して頂いたのが彼女でした。


daigaku

毎学期成績表の提出を義務付けて、成績が落ちたら打ち切りますよ。と、葉っぱをかけて、そして難関の技術大学土木・建築学科に見事合格しました。
そして、そのときのブログがこちらです。2009年2月21日。
今から5年前ですね・・・。

http://www.yangonow.com/jpn/blog/?p=184

「父親が時計修理工で一日1000チャット。母親は職無し、大学に通い兄が製麺会社で働き月40000チャット。下には9年生、4年生、幼稚園の5人兄弟。月収7万チャットぐらいという、典型的な家庭です。」

一番上は兄ではなくて姉。ですね。このお姉さんが偉いんです。自分のやりたい学問の道をあきらめて、一家の家計を支えていました。とてもしっかりしているお姉さんです。
妹も難関看護大学に通い、弟も成績優秀者として何度も国から表彰されていて、将来有望な家族です。道端で時計を修理して生計をたてるお父さん、物静かですが笑顔が素敵な方です。出発での空港では、意外にサバサバしている姉弟とは違い、一人寂しそうでした。
写真右の女性も優秀な成績で大学を卒業したのですが、卒業と同時に結婚。
弊社でお金を出して、CADの勉強と日本語の勉強をしてもらったのですが、結婚生活の方を重視して最後の最後に脱落してしまいました。
もし彼女も続けていたら・・・。

ティンさんは東北の建設会社の社長に見初められて正社員として採用。
また仕事の経験もないのに高待遇で採用して頂き本当に感謝・感謝です。

新しいスーツケースに、ミャンマーの服。もちろん裸足。この姿で今頃は仙台空港に降り立った時間です。

1年後に彼女に会うのが本当楽しみです!

がんばれー!

 



| 西垣 充 | comments(0) | trackback(0) | 会社関係 |
20年前から介護現場に外国人を受け入れてきた病院の挑戦

medical


NHKの番組で20年前から介護現場に外国人を受け入れてきた病院を紹介

日本では毎年 生産者労働人口は100万人減少
介護現場は149万人(2012年)⇒249万人(2025年)が必要

問題が多発:
ホウレンソウがいらない
すみません を言わない
など現場で問題が多発

解決策:
少数派に多数派があわせる⇒女性の進出と同じ
専門のケアスタッフを配置日本人と同じ給料水準
食事会などで徹底的に意見を聞く

結論:
結果風通しがよくない離職率が低下。病院全体の効果あり。
皆が納得する制度作りが必要

これから地方出張。
いい番組見させて頂きました。。。



| 西垣 充 | comments(0) | trackback(0) | 実習生・グルーバル人材 |
日本でのミャンマー人の実習生の状況

ようやくクローズアップ現代が放送されたので、それを受けて現状を報告してみたいと思います。
先日日本へ行き、まともな受け入れ機関(組合)の方と情報交換しお互い驚きました。

日本側の方が驚かれたのは韓国やシンガポール、台湾の実態。
これについてはクローズアップ現代で取り上げられましたのでご参照ください。
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3528_all.html

少し突っ込んで説明を加えると、
韓国は政府同士で労働者契約し(2007年のデモで日本人の方が撃たれた2ヶ月後!)着々と準備を勧めていました。ここ5年で15000人以上のミャンマー人が韓国に渡っています。ちなみにミャンマー人の実習生の年間数は150名前後。
急いで日本政府は法整備を進めていますが、そもそも準備期間が違います。

日本の組合が驚かれるのは韓国でのミャンマー人の手取り。8~10万円/月ほど稼げます。これは日本とほぼ同じか日本よりいい賃金。
少し前に同じくある番組で、建設会社が外国人はすぐ辞めて帰国してしまう。日本に魅力がない。とぼやいていましたが、おそらく旧態然の給料だから、他国で働く方が稼げるから帰国したんだと思います。

アジア全体の所得が上がっており、10数年前のアジアでの日本の立ち位置とは明らかに変わっています。ただこの変化がわからない中小企業の経営者がほとんど というのが今の最たる問題だと考えています。

【なぜミャンマー人がここ半年で実習生として日本へ渡航したミャンマー人のほとんどが脱走しているのか。】

これは私も驚き、なるほどと思いました。

要は、

現在、ミャンマー人を採用している会社は、中国人もフィリピン人もベトナム人も働かない仕事をミャンマー人に依頼しています。ミャンマーは賃金が安いので中国人やベトナム人よりも安くていいと思っている会社が多く、(ミャンマーでのミャンマー人平均賃金は8千円なので×5倍の4万円でも十分と思っている。)誰も働いてくれる人がいないからミャンマー人を呼んでいるという会社が多いそうです。

賃金が安くて 他の外国人がやらないような仕事。
しかも、その実態をミャンマーの送り出し機関は正確に伝えていない。
「昔より安くで日本へ行けますよ!」
と囁きます。

しかし、現実は厳しくミャンマー人労働者は逃げ出し、各地の入管はミャンマー人に対して厳しくなり、まともな日本企業はミャンマー人採用を見送る動きになっています。

もちろん悪い会社ばかりでなく、今年3年間で溶接工として働きミャンマーに戻り、弊社で実習生の実態を教える担当をしているミャンマー人もいます。

では、どうやってミャンマー人によい労働環境を提供してもらえる企業を探すか。

まずは、ミャンマー人がアジアでどの立ち位置にあるか。

中国人にもベトナム人にもフィリピン人にも勝てる部分がミャンマー人にもあります。

それらを理解して頂けその環境を作ってくれる会社。

そんな会社にどんどんミャンマーの方を派遣していければと思います。

ミャンマー人の特性を考えた結果、まずは技術ビザでの日本採用という依頼が増えてきています。技術大学など医学部と同レベルの難関でしかも5年間無事卒業できるまではテストで半分がふるい落とされるというところを潜り抜けたエリートであっても仕事がない、月給1万円で働いているという状況が今のミャンマーです。

地頭のいい人材が中小日本企業にも喜んできてもらえる状況があるのがミャンマー人材の一番の優位性ではないでしょうか。

ただ、この技術ビザはいわゆる受験の勝ち組しかいけません。受験で失敗しても(私もそうですが)、逸材は学歴だけではありません。技術生の延長線としての実習生という形で実習生派遣ができないか。
これが弊社の今目指すところです。
まずは技術大など地頭のよいミャンマー人を通してミャンマー人の仕事ぶりと能力の高さを示し、中国人やベトナム人の代わりではなく、ミャンマー人として正当な評価をして頂き、日本人の代わりとしてミャンマーの実習生が受け入れる環境ができばと夢見ています。

今月末、日本の大手信用金庫からミャンマーのセミナーを依頼されています。
ミャンマーの投資環境をお話するのかと思いきや、ミャンマー人の人材活用について話してほしいとの依頼。1年ほど前は中小企業でも海外投資ブームがあったが、今は景気が少しよくなり国内拠点を固めようとしたところ、求人しても集まらない。日本人の代わりとしての外国人雇用を考え始めている状況とのこと。

アジアも日本も大変革が起こり始めているようです。
乗り遅れないようにしなければ!



| 西垣 充 | comments(0) | trackback(0) | 会社関係 |
このページの先頭へ
ミャンマーのつぼTOPへ
カレンダー
2014年9月
S M T W T F S
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ブログ内検索
プロフィール
その他
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥

このページの先頭へ