ミャンマー現地情報ヤンゴンナウTOPへ
COMMENTS
  • ヤンゴンにできた新しい日本食レストラン「鎌倉(かまくら)」
    └ 下川有司(11/01)

2006年から奨学金を出してきたティンさんがついに日本へ!


kuukou

2006年高校2年生の時から奨学金を出してきたティンさんがついに昨晩ミャンマーを旅立ちました。
school

当時のブログはこちらです。2006年6月13日に記載していました。

http://www.yangonow.com/jpn/blog/?p=101

8年前ですね。当時、低所得者層が通う学校の校長と知り合い、その校長から紹介して頂いたのが彼女でした。


daigaku

毎学期成績表の提出を義務付けて、成績が落ちたら打ち切りますよ。と、葉っぱをかけて、そして難関の技術大学土木・建築学科に見事合格しました。
そして、そのときのブログがこちらです。2009年2月21日。
今から5年前ですね・・・。

http://www.yangonow.com/jpn/blog/?p=184

「父親が時計修理工で一日1000チャット。母親は職無し、大学に通い兄が製麺会社で働き月40000チャット。下には9年生、4年生、幼稚園の5人兄弟。月収7万チャットぐらいという、典型的な家庭です。」

一番上は兄ではなくて姉。ですね。このお姉さんが偉いんです。自分のやりたい学問の道をあきらめて、一家の家計を支えていました。とてもしっかりしているお姉さんです。
妹も難関看護大学に通い、弟も成績優秀者として何度も国から表彰されていて、将来有望な家族です。道端で時計を修理して生計をたてるお父さん、物静かですが笑顔が素敵な方です。出発での空港では、意外にサバサバしている姉弟とは違い、一人寂しそうでした。
写真右の女性も優秀な成績で大学を卒業したのですが、卒業と同時に結婚。
弊社でお金を出して、CADの勉強と日本語の勉強をしてもらったのですが、結婚生活の方を重視して最後の最後に脱落してしまいました。
もし彼女も続けていたら・・・。

ティンさんは東北の建設会社の社長に見初められて正社員として採用。
また仕事の経験もないのに高待遇で採用して頂き本当に感謝・感謝です。

新しいスーツケースに、ミャンマーの服。もちろん裸足。この姿で今頃は仙台空港に降り立った時間です。

1年後に彼女に会うのが本当楽しみです!

がんばれー!

 



| 西垣 充 | comments(0) | trackback(0) | 会社関係 |
20年前から介護現場に外国人を受け入れてきた病院の挑戦

medical


NHKの番組で20年前から介護現場に外国人を受け入れてきた病院を紹介

日本では毎年 生産者労働人口は100万人減少
介護現場は149万人(2012年)⇒249万人(2025年)が必要

問題が多発:
ホウレンソウがいらない
すみません を言わない
など現場で問題が多発

解決策:
少数派に多数派があわせる⇒女性の進出と同じ
専門のケアスタッフを配置日本人と同じ給料水準
食事会などで徹底的に意見を聞く

結論:
結果風通しがよくない離職率が低下。病院全体の効果あり。
皆が納得する制度作りが必要

これから地方出張。
いい番組見させて頂きました。。。



| 西垣 充 | comments(0) | trackback(0) | 実習生・グルーバル人材 |
日本でのミャンマー人の実習生の状況

ようやくクローズアップ現代が放送されたので、それを受けて現状を報告してみたいと思います。
先日日本へ行き、まともな受け入れ機関(組合)の方と情報交換しお互い驚きました。

日本側の方が驚かれたのは韓国やシンガポール、台湾の実態。
これについてはクローズアップ現代で取り上げられましたのでご参照ください。
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3528_all.html

少し突っ込んで説明を加えると、
韓国は政府同士で労働者契約し(2007年のデモで日本人の方が撃たれた2ヶ月後!)着々と準備を勧めていました。ここ5年で15000人以上のミャンマー人が韓国に渡っています。ちなみにミャンマー人の実習生の年間数は150名前後。
急いで日本政府は法整備を進めていますが、そもそも準備期間が違います。

日本の組合が驚かれるのは韓国でのミャンマー人の手取り。8~10万円/月ほど稼げます。これは日本とほぼ同じか日本よりいい賃金。
少し前に同じくある番組で、建設会社が外国人はすぐ辞めて帰国してしまう。日本に魅力がない。とぼやいていましたが、おそらく旧態然の給料だから、他国で働く方が稼げるから帰国したんだと思います。

アジア全体の所得が上がっており、10数年前のアジアでの日本の立ち位置とは明らかに変わっています。ただこの変化がわからない中小企業の経営者がほとんど というのが今の最たる問題だと考えています。

【なぜミャンマー人がここ半年で実習生として日本へ渡航したミャンマー人のほとんどが脱走しているのか。】

これは私も驚き、なるほどと思いました。

要は、

現在、ミャンマー人を採用している会社は、中国人もフィリピン人もベトナム人も働かない仕事をミャンマー人に依頼しています。ミャンマーは賃金が安いので中国人やベトナム人よりも安くていいと思っている会社が多く、(ミャンマーでのミャンマー人平均賃金は8千円なので×5倍の4万円でも十分と思っている。)誰も働いてくれる人がいないからミャンマー人を呼んでいるという会社が多いそうです。

賃金が安くて 他の外国人がやらないような仕事。
しかも、その実態をミャンマーの送り出し機関は正確に伝えていない。
「昔より安くで日本へ行けますよ!」
と囁きます。

しかし、現実は厳しくミャンマー人労働者は逃げ出し、各地の入管はミャンマー人に対して厳しくなり、まともな日本企業はミャンマー人採用を見送る動きになっています。

もちろん悪い会社ばかりでなく、今年3年間で溶接工として働きミャンマーに戻り、弊社で実習生の実態を教える担当をしているミャンマー人もいます。

では、どうやってミャンマー人によい労働環境を提供してもらえる企業を探すか。

まずは、ミャンマー人がアジアでどの立ち位置にあるか。

中国人にもベトナム人にもフィリピン人にも勝てる部分がミャンマー人にもあります。

それらを理解して頂けその環境を作ってくれる会社。

そんな会社にどんどんミャンマーの方を派遣していければと思います。

ミャンマー人の特性を考えた結果、まずは技術ビザでの日本採用という依頼が増えてきています。技術大学など医学部と同レベルの難関でしかも5年間無事卒業できるまではテストで半分がふるい落とされるというところを潜り抜けたエリートであっても仕事がない、月給1万円で働いているという状況が今のミャンマーです。

地頭のいい人材が中小日本企業にも喜んできてもらえる状況があるのがミャンマー人材の一番の優位性ではないでしょうか。

ただ、この技術ビザはいわゆる受験の勝ち組しかいけません。受験で失敗しても(私もそうですが)、逸材は学歴だけではありません。技術生の延長線としての実習生という形で実習生派遣ができないか。
これが弊社の今目指すところです。
まずは技術大など地頭のよいミャンマー人を通してミャンマー人の仕事ぶりと能力の高さを示し、中国人やベトナム人の代わりではなく、ミャンマー人として正当な評価をして頂き、日本人の代わりとしてミャンマーの実習生が受け入れる環境ができばと夢見ています。

今月末、日本の大手信用金庫からミャンマーのセミナーを依頼されています。
ミャンマーの投資環境をお話するのかと思いきや、ミャンマー人の人材活用について話してほしいとの依頼。1年ほど前は中小企業でも海外投資ブームがあったが、今は景気が少しよくなり国内拠点を固めようとしたところ、求人しても集まらない。日本人の代わりとしての外国人雇用を考え始めている状況とのこと。

アジアも日本も大変革が起こり始めているようです。
乗り遅れないようにしなければ!



| 西垣 充 | comments(0) | trackback(0) | 会社関係 |
第2回研究会ご案内 『東南アジアにおける製造業の現状』

「東南アジアにおける製造業の現状」と題しまして、ミャンマーと中国(上海)を中心に東南アジアにおける産業・金融・消費財等の諸環境や現地の最新状況について講演していただきます。また、企業の皆様が海外展開する際にお役に立つ大阪府の支援施策についてもご講演いただきます。
 

1.日 時 平成26年7月2日(水)14:00~16:40
2.会 場 たかつガーデン 3F ローズの間(http://www.takatsu.or.jp/
      大阪市天王寺区東高津町7番11号  TEL 06-6768-3911
3.定 員 30名
4.講演題目および講師
  14:00~14:30 「大阪府の海外展開支援施策」
               大阪府商工労働部 成長産業振興室 立地・成長支援課
               国際経済交流促進グループ 総括主査  西田久人 氏
  14:30~15:20 「中国・上海の現状」
               大阪府商工労働部 成長産業振興室 立地・成長支援課
               国際経済交流促進グループ         岩原 彩 氏
  15:20~15:30  休憩
  15:30~16:40 「ミャンマーにおける製造業」
               ミャンマー ビジネスサポートデスク
               J-SAT Consulting Co.,Ltd.             西垣 充 氏
5.主催 生産技術研究会、(一社)大阪府技術協会機械加工部会、産技研技術開発協力会、
     金型綜合技術研究会
  共催 (地独)大阪府立産業技術総合研究所(予定)
6. 申込方法
   参加ご希望の方は参加申込書に必要事項をご記入のうえ、FAXまたはメールにて
   6月25日(水)までに下記事務局へお申し込み下さい。
   事務局:生産技術研究会
   〒594-1157 和泉市あゆみ野2-7-1 (地独)大阪府立産業技術総合研究所内
   TEL&FAX:0725-53-1652  E-mail: goto@dantai.tri-osaka.jp

詳細ご案内はこちら 第2回研究会「東南アジアにおける製造業の現状」



| 西垣 充 | comments(0) | trackback(0) | 会社関係 |
2014年6月27日(金)「ミャンマー最新情報と優秀なミャンマー人を日本で活用して  採用難を乗り切る手法解説」セミナーのご案内

gakko

今回のセミナーは、自動車整備業、建築業や建築関連業、物流や倉庫業、飲食業、介護事業者、各種サービス業、ソフトハウス、あるいはミャンマーに進出したい企業で通訳・広報として日本語が堪能な人を採用したい企業の方は必見です。

「セミナー後は懇親会。もちろん私も参加させて頂きます!」

第1部では、西垣が「ミャンマーの最新情報やビジネスチャンス」と題して、ミャンマー経済の現状や今後のビジネス展望などについて、最新情報に基づき、講演。

第2部として、「優秀なミャンマー人を日本で活用して採用難を乗り切る手法解説」と題して、船井総合研究所で、長い間上席コンサルタントとして、東証一部上場の大手企業から中堅・中小企業まで幅広い企業の支援を行ってきた青野正完氏に、アルバイト、技能実習生、就労ビザ取得による正社員採用など、優秀なミャンマーの人材を活用する各種手法を解説していただきます。

■ 日時: 6月27日(金)15:00~17:00 (セミナー)
       その後希望者と講師による懇親会を日本橋界隈で開催します。

■ 会場: アクセス日本橋セミナールーム
     東京都中央区日本橋室町1-5-3 福島ビル6F
     東京メトロ銀座線 三越前駅 A4出口(コレド室町3) 徒歩1秒
     ホームページ▶http://sg-biz.com/nihonnbashi/

■ 会費:3,000円(税込み) MYANMAR JAPON最新号付き 
 (当日受付でお支払いください)

■ 懇親会費:希望者のみ 実費精算(4,000円程度の見込み)

■ 定員:30名

■ 申込:下記の「参加申込みフォーム」に記入いただき、送信してください。
↓↓↓↓

https://asp.jcity.co.jp/FORM/?userid=sgbiz&formid=138



| 西垣 充 | comments(0) | trackback(0) | 会社関係 |
視覚障害者マッサージ短期集中講座卒業式

IMG_20140606_094319

「GENKYゲンキー」の売上に加え、今回はシンガポール在住のミャンマーの方から寄付して頂いた資金やゲンキーの客からの寄付などによる3月に開講した、社会人向け短期集中視覚障害者マッサージ講座。

IMG_20140606_100118
盲学校に通わず成人してしまった視覚障害者を募集、国立盲学校の夏休みを利用して、国立盲学校が場所の提供と点字教育、ゲンキーが資金調達と指導者派遣を担当。
社会福祉省の全面協力で今年で3年目。
今年もも参加頂き12名の視覚障害者マッサージ師が卒業しました。

IMG_20140606_101142

IMG_20140606_100522  IMG_20140606_102527 IMG_20140606_101839

今回は指導するマッサージ師としてゲンキーからだけでなく、他店のマッサージ師にも参加してもらいました。これまで援助されてる側から援助する側に。
お金を稼ぐことも大切ですが、「社会の一員として活躍する」 が最も大切。
ヤンゴン管区の社会福祉省担当官から報奨金ももらい、充実感がある印象を受けました。
卒業生のうち数名は地元に戻って開業、その他もゲンキーをはじめ、マッサージ店への就職が決まっています。
12名のうち女性は3名。ゲンキーが開業して5年目、ある程度ミャンマー国内では視覚障害者マッサージが浸透してきたとは思いますが、まだまだがマッサージ=いかがわしい と ご両親が思われる場合が多いようです。
やるべきこと、まだまだあります。IMG_20140606_103453

最後はやっぱりカラオケ大会。好きですねー。一人ぐらいならまだしも5人は歌いました。

IMG_20140607_190454 IMG_20140607_190228

翌日校長先生がお礼にと、関係者に豪華な夕食をご馳走してくれました。
国立盲学校の校長はミャンマー政府社会福祉省の高級官僚。
ミャンマーの役人はやりますよ~。

 



| 西垣 充 | comments(0) | trackback(0) | 会社関係 |
ジェイサットで日本人スタッフを募集します。

ジェイサットで日本人スタッフを募集します。

募集内容:日系企業のミャンマー進出サポート業務等。
       人材紹介領域の業務中心
応募条件:ミャンマーが好きで弊社の会社概要・経営理念を理解して頂き、一緒に事業を推進して頂ける方。長く働く覚悟のある方。
応募条件:30歳以下、男女、語学力問わず。PC操作(ワード・エクセル)英語ができれば尚可。
その他:制度としてはありませんが、日本語の話せるミャンマー人スタッフが多くいますので、彼らから語学を勉強することができます。
雇用条件:要相談
勤務地:ヤンゴン
募集方法:応募理由と履歴書をinfo@j-sat.jpまで送付ください。
       または直接6/28(土)東京 浜松町で開催の下記イベントにお越しください。
       「ミャンマー就職・転職フェア」 http://www.kyodo.co.jp/myanmar/jobfair-2014-jun/
締め切り:人材が見つかり次第締め切


| 西垣 充 | comments(0) | trackback(0) | 会社関係 |
脱走するミャンマー人研修生

先日、昨年末に日本へ行った15名のミャンマー人研修生が、すでに5名逃げて困っていると、ある日本の入管が嘆いていたと聞きました。また今日別ルートでまた逃げ出したと聞きました。

3年の研修期間が終了間際に逃げるならわかりますが、日本に行って間もない数か月で逃げ出すのですから・・・ちょっと問題です。
最近、3年溶接工として3年間研修に日本に行っていたスタッフを雇用しました。
事務補助に加え、研修での生活や仕事、専門用語など、これから研修に行くミャンマーの人々に伝える任務です。
彼に聞いてみると、自分は手取りが10万円あったから逃げませんが、同時期にいった仲間の中には5万円ぐらいの子がいたりして、逃げたそうです。

先日、これから送り出されるミャンマーの方が残業代込で7万円って聞きました。残業していないのにコミコミでしかも7万円は、そりゃ逃げてしまうかなぁ~。と。私も逃げます(笑)。でもミャンマーの田舎の子は、月給70万チャットですから、その意味がわかるはずがありません。で、日本で働いてその現状に気づいて・・・シンガポールのように逃げたらすぐ入管に捕まるのなら逃げないのですが・・・。

ミャンマーでの工場での賃金は、月給1万円以下が当たり前の世界ですので、月給5万円でも高給だろうと考える方も少なくないようですが、当たり前ですが日本は日本でミャンマーの方を実習生、研修生で呼ばれる企業側は、逃げられるリスクも考慮して給料設定やして、受け入れ体制も再構築が必要です。

お金だけの問題でもありません。


ある日本向け送り出し機関にて日本語教育を受けていたミャンマーの方が弊社から送り出して欲しいと面接に来られました。6カ月日本語を勉強したが日本に行けないので、送り出し機関に理由を聞いたところ、一回で送れるのは3~5名、日本に行けるのは申し込み順、彼の前には600名いるから、まだまだ時間がかかる、とその送り出し機関から言われたそうです。それで手付金10万円を支払ったがあきらめて弊社から送り出してほしいと懇願してきました。
こちらはあくまでもサポートするのであって、日本で働けるかどうかは本人と受け入れ企業次第でこちらには決定権はありませんよ。と説明しました。それを聞いてショックを受けていたようでした。業者は600名×10万円を稼いで・・・。

何とかしないといけないですね~。



| 西垣 充 | comments(1件のコメント) | trackback(0) | 実習生・グルーバル人材 |
日本の自動車修理工場への就職、ガンバレー!

mensetsu 修正

ジェイサットビジネス日本語学校の卒業生が日本の修理工場に正社員採用の就職面接。
4ヶ月前は「あ、い、う、え、お」もわからない状況から朝10時~夕方5時まで月曜日から金曜日まで毎日日本語を勉強。もちろん宿題も大量。多くが技術大学卒ということで、頭はトップクラスということもあり、早いは早いですが、とはいえ面接ですべての日本語での会話となると、そこは4ヶ月、まだまだではあります。。隣で見ていてビクビクでした。

家族年収20万円ぐらいの生徒が多く、学校に通うために仕事ができない状況ですので日本語を勉強する強い気持ちを持っています。

面接の合格発表は今月中旬。決まれば彼らの人生、家族、一族の人生が一変します。
彼らの希望の将来への扉が開きますように・・・。



| 西垣 充 | comments(0) | trackback(0) | 会社関係 |
貰うより与える方が気持ちいい

kekkonn

ミャンマーでは誕生日には、プレゼントをもらうのではなく、皆にご馳走します。色々支援をしてもあまり感謝されなかったりもします。日本とは真逆ですから最初は違和感がありましたし、最近ミャンマーに来られた人はわからない感覚だと思います。
功徳を得る機会が得られたから、その機会をつくってあげたって感覚なんですよね。
でも、最近感じ始めたのが、実はもらうより与える方が気持ちいいってこと。
その方がうれしいものなんですね。
これまで言葉では、いろいろ言われてきましたけど、肌感覚でそれを実感するようになってきました。
うちの会社でも、実は視覚障害者支援のマッサージ店、ゲンキーが一番社員の定着率が高い。実は事業の中では最も給料が低く、日曜祝日出勤なんですけど。でも皆に聞いたら、やりがいがあるからこの仕事が好きっていっています。
基本はそこですね~。

昨日は弊社スタッフの結婚式でした。もちろん、ここでも結婚する人がご馳走します。そこは日本も同じですね。



| 西垣 充 | comments(0) | trackback(0) | 会社関係 |
このページの先頭へ
ミャンマーのつぼTOPへ
カレンダー
2014年7月
S M T W T F S
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ブログ内検索
プロフィール
その他
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥

このページの先頭へ