ミャンマー現地情報ヤンゴンナウTOPへ
COMMENTS
  • 『新完全マスター 単語 N3重要1800語』ミャンマーにて発売決定!
    └ 西垣  充(12/16)
  • 『新完全マスター 単語 N3重要1800語』ミャンマーにて発売決定!
    └ 高橋秀樹(12/16)
  • ミャンマーからみる技能実習制度と特定技能制度の改善提案
    └ 中村信夫(10/24)
  • ミャンマーからみる技能実習制度と特定技能制度の改善提案
    └ 西垣  充(10/24)

祝!勤続10年表彰!

 Congratulations!! 10 Years of service Anniversary!

 祝!勤続10年表彰!全社員の前での表彰できず残念でしたが、おめでとうございます!

1-1

コロナ禍で2班に分かれ、隔週で在宅勤務を実施している関係で、全社員の前での表彰できず残念でしたが、おめでとうございます!

副賞は、USD1000と有給休暇1か月、それに私からのミャンマー語でのメッセージ!

1-2

彼女はミャンマーの大学を出て、日本の大学へ奨学金を使って留学。

大学卒業後、日本に残らずミャンマーに戻り、そのまま弊社で働きはじめました。

 彼女が働き始めた頃、弊社はまだまだ小さく、2011年民政移管後は急に忙しくなり、会社泊りの徹夜も多く、その時代からの生え抜きです。今は労働環境も改善し、徹夜ありませんので…一応念のためにw

 1-3

早く全社員にUSD1000を手渡せれる日が来ればと願います。

 



| 西垣 充 | comments(0) | trackback(0) | 会社関係 |
セミナーのご案内(主催:福岡アジアビジネスセンター)

「 ミャンマーから生配信!
コロナ禍の現状と将来展望
~コロナ禍でもプラス成長予測!ミャンマーから最新報告 」
講師: 株式会社ジェイサット 代表取締役  西垣 充 氏

第176回webイブニングセミナー西垣様-pdf-208x300

日時:2020年11月26日(木)17:00~18:00

主催:福岡アジアビジネスセンター

参加費:無料(要事前「ウェビナー登録」)
定員:80名(定員に達した場合は、事前に申込を締め切る場合があります。)

<お申込み>
セミナーにご参加の方は、こちら「ウェビナー登録」より事前の登録をお願いいたします



 



| 西垣 充 | comments(0) | trackback(0) | 会社関係 |
2020年ミャンマー総選挙振り返り

2020年ミャンマー総選挙振り返り。

昨日、2020年11月8日に行われた総選挙の選挙管理委員会から全議席確定が発表されました。

11

5年前の前回総選挙が政権交代という象徴的な選挙だったので、今回は、批判がある程度前提の、5年間におけるスーチー政権の国民による審判という位置づけが多いようです。選挙前は少数民族政党との連立与党になるのではとも予想されましたが(私も・・)、結果は与党NLDが前回総選挙を上回る396議席で単独過半数を獲得し、少数民族政党は47議席。

33

ロヒンギャ問題やコロナ対策でのロックダウンが野党に厳しく、政策論争にもならなかったことが与党に有利になったような文章も目にします。

選挙結果についての理由に、ロヒンギャ問題やコロナが入るのは事実としても、それを中心に結論付けるのには違和感を感じます。

私は日本人ですし、ミャンマー人社員の意見をベースにしています。そこでは、こちらが質問しない限り、ロヒンギャやコロナの影響との回答はなかなか出てこないですね。ただ、弊社社員らがミャンマー国民の総意ではなく、この国は連邦共和国なので、いろんな意見が出て当然ですので、どこを軸に置くか。

台湾では、選挙=祝祭 と捉え投票率が高い、80年代に民主主義を獲得するまで苦労したことも要因と聞きました。単一民族で民主主義は生まれた時からあった我々世代の日本人とは、そもそも選挙に対する考え方が違う。台湾以上に他民族国家で、自ら民主主義を獲得した世代であるミャンマーの有権者らは、さらに選挙に対する軸が、日本人とは全く違うので、私の感覚で評価するのは、無理があるとも感じています。

半世紀に渡る軍政から2010年に民政移管したとは言え、2015年までは軍政の流れ。それを引き継ぎ、すぐ初年度から結果が出せずに批判されるのも、なかなか厳しいものがあります。

この5年間の成果について、軍政時代の半世紀分を「修復している期間」という評価が社内でよく聞かれます。「結果はすぐには出ないでしょ」と、社員らは現実的ですし、説得力があります。当地で経営している身としても同意見。

今後も、少数民族との融和がポイントで、中国との付き合い方が注目されますが、それは今に始まった訳でなく、地理上・歴史的背景からくる、白黒の決着ができないであろう課題。

 投票実施できなかったり、都市部と地方における一票の格差など、様々問題はありますが、わずか5年ですべて解決する訳ありませんし、今後5年で、完全に解決できる問題でもないかと思います。

最近読んだ本に「ネガティブ・ケイパビリティ」というのがあります。

91-t5St38TL

不確実なものや未解決のものを受容する能力、答えの出ない事態に耐える力が必要という本でした。ここミャンマーは、何年いてもよくわかりません。日本人ですが、日本もよくわかりません。知らない原理や力が動いているような、そうでないような、よくわからない世の中。早急な結論を求めず、「ほどほど」を大切に、そして過激な意見には飛びつかず、じっくり生活し、経営していきたいと思います。

今月に入り、5年のスーチー政権の評価等々のコメントを何度か求められ、それらを答える中で、軍政時代との比較があり、当時を振り返る機会が何度かありました。
一昨日からの3連休。急に、「坂の上の雲」のドラマをみたくなって、一気見しました。
「一身独立して一国独立す(福沢諭吉」「戦争するのは武器ではなく人」

22

この5年間のミャンマーは、政策が原因で停滞期間があったかもしれませんが、経済発展するにも投資するにもインフラが整っているのが大前提。教育改革や道路建設など基礎部分作りをベースに、なりふり構わない外資誘致は行わず、将来を見越した政策を行っている現政権は、評価に値するのではと思います。

5年後、総選挙前後でまた同じような質問を受けると思いますので、どのように回答するか楽しみです。

J-SATの卒業生が躍動していたら嬉しいですね。2030年の選挙の時かな・・・



| 西垣 充 | comments(0) | trackback(0) | 会社関係 |
速報!GENKY FARM パイロットプロジェクト始動!

GENKY のパイロットプロジェクトが80%成功した!と連絡来ました。

その名も 「ゲンキーファーム GENKY FARM」

農業しながらマッサージを行います!そしてその先は!!!???

  viber_image_2020-10-14_12-39-18

GENKYの創設メンバーの一人で、96年にはじめて日本式視覚障害者マッサージを学んだ6人の一人 で 強度の弱視で生まれ、30歳頃には完全に視力を失った Ko Soe Htay。

GENKYでもリーダーとして皆を引っ張ってくれ、また様々な改革や提案をしてくれています。彼の発案でスタートしたプロジェクトです。

viber_image_2020-10-14_12-39-08

コロナが感染拡大し、2020年3月18日には政府からマッサージ店閉鎖指示。2020年10月21日現在、解除される見通しは立っていません。
5月頃から休業中、何か新しいサービスができないか話し合ってきました。

viber_image_2020-10-14_12-39-00

ただ、視覚障害者に多いようですが、保守的な人が多いことから、なかなかアイデアが出てこず、Ko Soe Htay は、皆は怖がっているので、自分がまず先頭を切る。とマッサージ動画制作や、自著を書き始めるなどからスタートさせました。

ただ、試行錯誤を重ねるも行動制限もあり、なかなか上手くいきませんでした。

そんな中、6月、7月と過ぎ、ミャンマー政府のコロナ封じ込めが成功していたことから、市中感染者は見られず、一部、無許可で再開する店も出てきました。

GENKYスタッフらに対し、顧客から早く再開して欲しいと依頼が相次ぎ、もうすぐ解禁だろうということで、多くが新規事業よりも再開を待つようになってしまいました。

そこに8月末からのミャンマーコロナ感染拡大。ヤンゴンだけでも1日1000名以上の陽性者が出る日が続き、セミロックダウン。再開は半年後かと予想れる中、多くが危機感を持ち、Ko Soe Htay が、農業やりたい!と提案してきました。

GENKYの寮と同じ建物で陽性患者が見つかり14日間隔離。その後、生まれ故郷に戻り、GENKYで稼いだお金で買った土地と家。そこで農業をやりたいので、GENKYの名前を使わせて欲しいと。

viber_image_2020-10-14_12-42-59

そして、こちらから事業化するための知識とアイデアを伝え、事業計画を作成。事業化可能と判断し出資。今回、第一回目の収穫ができそう!と先ほど連絡がありました。

photo 2

これに続く視覚障害者スタッフも出てくれば!

皆に  勇気と元気を与える GENKY FARM !!!

コロナをビジネスチャンスに!

GENKYも進化していきます!



| 西垣 充 | comments(0) | trackback(0) | 会社関係 |
ヤンゴン・サクラタワー事務所が12A階から5階へ

10月12日から出勤禁止の一部解除がはじまり、サクラタワー事務所は12A階からソーシャルディスタンスを保つのに最適な5階J-SATアカデミーの教室へ各部署引っ越しを開始しました。

02

4月からオンライン化をすすめた結果、紙媒体を大量処分が可能となりました。


引っ越しは断捨離のいい機会ですが、過去にはそのやりすぎで、90年代の事務所風景や仕事の成果物が行方不明。。。が、必要になるのは取材を受け過去を振り返るときぐらいですので、まあ必要ないといえば必要ないので断捨離!

03

学校を縮小させるのではなく、オンライン授業で日本語教育については一定の成果が出ることが確認できたので、仕組みを再構築。新しい仕組みで、今以上の効果が出せそうで、楽しみです。

08

同様に、業務全般についてオンライン化がすすんだことにより、この機会に、ワーキングスタイルを変更させることにしました。

これまでは、「仕事の効率化」を叫んでも、仕事のベースが一般化していないミャンマーにおいて、上手くいきませんでした。過去に挑戦したこともありましたが、日本や欧米の先進的な経営スタイル、ワーキングスタイルは時期尚早だったので失敗に終わりました。

「型破り」と「型なし」は違う。

基礎があって、型を崩すのと、基礎もなく型を崩すのは全く違うということ。

ということで、弊社ではここ数年、入社3か月間は特に厳しく基本から自社内で社員教育してきました。

07

さらに上下紺スーツを制服とし、髪の毛の色や髪形も指導。
髪の毛の色チェックシートまで作り、日本の中学校、高校生のような拘束だと言われたものでした 笑

09

今、全体を見渡すと以前とは異なり、徐々に「仕事の型」が理解されてきたように感じています。

ということで、この「シンコロ」を契機に、「少し型破り」の第二ステージへすすもうと思います。

J-SATの信条は、誰もやらないことを誰よりも早くやる。

05

半年以内に、ここヤンゴンから新しいJ-SATを提案していきたいと思います!



| 西垣 充 | comments(0) | trackback(0) | 会社関係 |
主催:大阪商工会議所 共催:ジェトロ大阪本部 による 高度外国人材の海外採用をテーマとしたキックオフセミナー!!!

ヤンゴンから登壇します!

主催:大阪商工会議所 共催:ジェトロ大阪本部 による 高度外国人材の海外採用をテーマとしたキックオフセミナー!!!

高度外国人材の「海外採用」でビジネス拡大!
     ~海外在住の人材を採用する手法と活用例~

osaka
◆主 催:大阪商工会議所
◆共 催:ジェトロ大阪本部

◆日 時:2020年10月22日(木) 14:00~15:45
◆場 所:Webセミナー(配信URLはお申込みいただいた方にお知らせします)
◆対 象:海外展開や海外拠点の現地化を検討する企業、
     海外からの専門職採用を検討する企業 等

◆プログラム:
 1.中小企業の海外展開に伴う高度外国人採用の活用とポイント(14:05-14:40) 
    講師:ジェトロ高度外国人材スペシャリスト 加藤 将司
    内容:高度外国人採用トレンド、活躍のポイントなど

 2.高度外国人材の海外採用 活躍事例・採用事例(14:40-15:15)
    講師:株式会社ジェイサット 代表取締役 西垣 充 氏
    内容:外国人材活用の成功事例や採用事例

 3.関係機関事業案内(15:15-15:30)
    講師:厚生労働省 大阪外国人雇用サービスセンター 室長 前田 亮 氏
    内容:大阪外国人雇用サービスセンターの概要について
    講師:ジェトロ高度外国人材活躍推進コーディネーター 川上 英生
    内容:高度外国人材伴走型支援のご案内

 4.質疑応答(15:30-15:45)

 ※内容には変更の可能性がございますので、あらかじめご承知下さい。

◆参加費:無料
◆定 員:なし

お申込みはこちら

大阪商工会議所

https://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/202009/D11201022012.html



| 西垣 充 | comments(0) | trackback(0) | 会社関係 |
在宅勤務になり半年、10月から反撃開始!

2020年3月27日からミャンマー事務所は在宅勤務を開始し、ついに半年を経過。

9月21日から特定業種を除いて出勤禁止と指示がありましたが、すでに半年間、在宅前提でのシステムが稼働しており、朝8時のオンライン全体朝礼から普通に始動。

ゲンキーマッサージ店はもう半年閉鎖中ですが、社員一人一人の頑張りで、ここまで視覚障害者スタッフも含め、社員全員雇用調整せずに乗り切ることができました。

1005

22年前にアパートの一室を事務所にし、中2階で寝泊まりしながらスタート、ほぼミャンマーでのキャッシュフローだけで運営してきました。コロナ禍により、自らの会社という意識を持つ社員が増え、さらに一人一人のコスト意識が高くなったと感じています。皆が同じ想い、志をもって動けるこの組織は本当に感謝しかありませんし、それがJ-SAT最大の武器です。

比較するものではありませんが、振り返れば2007年の日本人が亡くなったデモや2008年の20万人が亡くなったと言われるナルギスよりは、客観的にみたらマシかなあと、不謹慎ですが感じています。。

cyclone

今はインターネットである程度仕事もできます。規制が解除されればミャンマーに来ていただける日本人も多くいます。以前は、数カ月したらミャンマーに再び興味を持ってもらえる、という雰囲気皆無でしたから。

そんなに大変なことが起こっていても、今となれば、ああ・・・あの時は・・・程度ですので、今回もミャンマーはすぐに復活してくると感じています。

9月28日からミャンマー人エンジニア、技能実習生、特定技能生の日本入国が再開。

10月1日から、J-SATは、満を持して、ついに反撃スタートします!

10月1日は、恒例の全社セミナーの日。
今回はこの2冊から。

1001 1000

 今のような状況は3年続くと仮定して、ここ半年は守り固めと将来へ向けての仕込みを重点的に行ってきました。

業務以外に時間ができた社員らははビジネスや語学などインプットを強化し、社員一人一人が10年先が考えられる組織作り、幹部社員は新世界に合わせるべく業務改革、そして私はインプットと仕込み。

それらをひたすら続けてきた半年間でした。

コロナのお陰で、2028年のJ-SATの姿が、靄がかかっていた風景から視界がはっきりみえる風景が見えるようになりました。

2028年に向けて、3本の矢だけでなく、数十本の矢をこの半年間仕込んできました。

ここから来年8月ぐらいまで、どんどん放っていきますので、次に何が飛び出すか、楽しみにしていてください!

さあ 反撃開始!!!

最後に・・・、3月末在宅勤務になって決めた、5キロ減量 も 何とか達成!!

今の Stay Home では Nintendo Switch のこの二つのソフトのお世話になってます。。。

10031002

 



| 西垣 充 | comments(0) | trackback(0) | 会社関係 |
大阪府と大阪産業局主催ミャンマーWebセミナーのお知らせ

 大阪府と(公財)大阪産業局では、Withコロナを前提とした国際情勢を見据え、各海外拠点におけるビジネスの現状などについて、Webセミナー(全6編)を配信しています。

osaka

 第5回目となる今回は「ミャンマー」より現地の最新情報をお届けします。
日 時:令和2年10月7日(水) 15:00~16:30

場 所:オンライン
内 容:第1部「コロナ禍の現状と今後をヤンゴンから最新報告 」
    (講師:J-SAT Co., Ltd 代表取締役 西垣 充 氏)
  第2部「進出日系企業からみる最近のトレンドとは」
    (講師:株式会社ジェイサット ゼネラルマネージャー 
森川 晃氏)
  第3部「実例から読み解く、ミャンマー人材定着の秘訣とは」
    (講師:J-SAT Co., Ltd 日本事務所 櫟本伸子氏 
       または、ワインワインアウン氏(調整中))

費 用:無料
定 員:200名
申込締切:令和2年10月6日(火)17:00
申込方法:こちらのリンク先からお申込みください。https://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=31675
主 催:大阪府、(公財)大阪産業局
共 催:関西広域連合、大阪商工会議所
後 援:(独)日本貿易振興機構 大阪本部、
(独)中小企業基盤整備機構 近畿本部、
(一財)大阪国際経済振興センター

問合せ:公益財団法人大阪産業局 国際ビジネス支援チーム



| 西垣 充 | comments(0) | trackback(0) | 会社関係 |
足で稼ぐミャンマーリサーチ案件ならJ-SATへ!

ヤンゴン市内ではコロナ感染拡大が続いており、ミャンマー政府は9月10日にヤンゴンほぼ全域にて自宅待機措置、健康上の理由及び緊急事態以外で、ヤンゴン地域外に出域することを9月11日から10月1日まで禁止する旨発表しました

2

こんな状況ではありますが、ミャンマーへの進出、リサーチ依頼は、コロナ禍によるサプライチェーンの見直しからか、5月頃からコンスタントに続いています。

弊社J-SATの特徴は、インターネット情報も政府データはあくまでも参考資料。軍政時代からの名残りもあることから、徹底した現場主義、足で稼ぐリサーチを心がけています。

4

代理店探しやパートナー候補リストアップの依頼が多いですが、家庭調査もたまにあります。日本とは違い、コロナ感染症対策が厳しいミャンマーにて、2020年8月のこの状況下、1000件以上の全国個別調査。想定外のことも度々起こりましたが、臨機応変に対応し期日を守り納品完了。この環境で個別訪問調査ができる会社はなかなかないのではないでしょうか。とやり遂げた社員らを称賛していますw

といいつつ、今遂行しているリサーチの一つは、企業リストアップはほぼ完了、あとは直接訪問しての聞き取り調査ですが、こんな状況で来月からの再開となりそうです。

3

目まぐるしく変化するミャンマー。人々の考えて方も変化していますね~。直接ヒアリングとその変化に驚かされます。特に地方の変化は、地方に直接行ってヒアリングしないとヤンゴンからではわかりません!今回のリサーチ結果も過去のもの。頻繁にアップデートしていかないといけないですね。

11

リアルな現場のミャンマー関連調査のことならJ-SATへ!

 



| 西垣 充 | comments(0) | trackback(0) | 会社関係 |
ミャンマーからの「レジデンストラック」による入国手続きについて

ミャンマーから日本への「レジデンストラック」による入国手続きについて、公表されているものと、弊社で手続きすすめている現状とを合わせ、独自にまとめてみましたのでご参照くださいませ。

現在ミャンマーは入国拒否の対象地域ではありませんが、先月末より急速に感染が広まってきています。その為今後変更になる可能性がありますが、あくまでも本日2020年9月10日現在のものになります。

2020年9月1日、日本国政府は、ミャンマーに居住するミャンマー国籍者のうち、短期滞在(商用)及び、在留資格認定証明書を持つ、「経営・管理」、「企業内転勤」、「技術・人文知識・国際業務」、「介護」、「高度専門職」、「技能実習」、「特定技能」、「特定活動(起業)」のビジネス上必要な人材等について、入国後14日間の自宅待機等の措置を条件に日本への入国を認めること(いわゆる「レジデンストラック」の開始)が発表されました。

これを受けて、在ミャンマー日本国大使館においては、9月8日(火)から査証発給が開始されました。詳細は、こちら、在ミャンマー日本国大使館の発表をご覧ください。

https://www.mm.emb-japan.go.jp/profile/japanese/news/2020/new-193.html

申請書類については、大使館のサイトから確認、ダウンロードできます。

ミャンマーの誓約書
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/cp/page25_002004.html

<PCR検査について>

誓約書に記載してある通り、

ア 出発前のPCR検査及び陰性証明書は不要。
イ 到着時のPCR検査は免除。

とあります。
ただ、あくまでも日本政府側の対応であって、ミャンマー政府が必要と判断すれば状況変わる可能性もありますので、最新情報の確認が必要です。
※9月10日現在、ミャンマーにてPCR検査を任意に希望される場合でも、保険省や労働省の推薦状がなければPCR検査を受けることはできません。

※9月16日付でミャンマー政府労働省より日本へ「レジデンストラック」での渡航でもPCR検査は必要との指示が出ました。

<入国前について>

入国前14日間の検温が義務付けられていますので、こちらもきちんと記録しておく必要があります。

<入国後について>

入国時にPCR検査は義務付けられていませんが、万一に備え、民間医療保険(滞在期間中の医療費を補償する旅行保険を含む。)に加入していることが推奨されています。

入国後14日間の移動手段は
・自家用車 ・受入企業・団体所有車両 ・レンタカー ・ハイヤー
のいずれかのみ利用が可能となり、入国後14日間、自宅又は宿泊場所で待機、不特定の者との接触を行わないことになります。つまり、国内線を利用する場合は、東京近辺等の宿泊施設など14日間滞在した後利用となります。

 <Wi-Fiの設置について>

接触確認アプリ及び地図アプリの導入を推奨されています。スマホはミャンマーから持参してもらい、空港から自宅までと自宅でのWi-F環境を準備した方がいいです。

<ヤンゴンから日本へに航空機について>

2020年9月30日までミャンマー国際線民間航空機着陸禁止と発表されています。全日空の直行便での来日が便利ですが、2020年10月も全日空はヤンゴン線全便運休を発表しており、10月末までは救援便を利用した場合のみ来日が可能となります。

全日空救援便運航予定日:9月27日、10月23日、10月30日
*救援便はあくまでも予定となります。

*9月27日の救援便は運休となりました。



| 西垣 充 | comments(0) | trackback(0) | 会社関係 |
このページの先頭へ
ミャンマー現地情報ヤンゴンナウTOPへ
COMMENTS
  • 『新完全マスター 単語 N3重要1800語』ミャンマーにて発売決定!
    └ 西垣  充(12/16)
  • 『新完全マスター 単語 N3重要1800語』ミャンマーにて発売決定!
    └ 高橋秀樹(12/16)
  • ミャンマーからみる技能実習制度と特定技能制度の改善提案
    └ 中村信夫(10/24)
  • ミャンマーからみる技能実習制度と特定技能制度の改善提案
    └ 西垣  充(10/24)
ミャンマーのつぼTOPへ
カレンダー
2020年12月
S M T W T F S
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ブログ内検索
プロフィール
その他
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥

このページの先頭へ