ミャンマー現地情報ヤンゴンナウTOPへ
ミャンマー現地情報 ヤンゴンナウ
ミャンマー基本情報 国内線、バス、列車情報 ホテル情報、予約 ミャンマー旅行手配 文化紹介 ミャンマーを読む、聴く ミャンマーからの最新情報 その他サービス
ミャンマーから毎日お届けする街角ニュース ミャンマーの作家から 日本人によるエッセイ ミャンマー最新ヒットチャート
ヤンゴン・ナウとは?

Essay by Kimura Kenichi          
木村 健一のエッセイ
30 ビヤガーデンの楽しみ方 (2) 2002/12/5
29 ビヤガーデンの楽しみ方 (1) 2002/11/17
28 泥棒を招き入れた話 2002/11/13
27 ある若い夫婦の物語 2002/8/6
26 テテモウの謎 2 2001/10/11
25 象の足 2001/10/9
24 水が出た! 2001/10/9
23 ジョウピンター村に行く4 2002/3/12
22 ジョーピンター村に行く1〜3 2002/3/12
21 ヤンゴンで日本語を考える 2001/5/1
20 ヤンゴンで食べる日本食 2001/5/1
19 ファッショナブルな若者達 2001/5/1
18 いなかっぺ(トーダー) 2001/5/1
17 タムエー地区 2001/4/28
16 新居祝い 2001/4/28
15 ヤンゴンで家を買う 2001/4/28
14 停電の熱帯夜 2001/4/25
13 ティンジャン 2001/4/25
12 ヤンゴン愛猫物語 2000/9/23
11 住めば都ヤンゴン 2000/9/23
10 ヤンゴンで凍える! 2000/9/11
9 ある日忽然とホテルが消えていた!! 2000/8/22
8 ヤンゴンで日本のニュースを考える 2000/8/22
7 ヤンゴン愛犬物語 2000/8/22
6 アレレー男が道の端にすわって何してるの? 2000/8/22
5 ミャンマーの不思議 2000/5/24
4 CM女王テテモウの謎 2000/3/4
3 日本では買えない日本製品? 2000/3/4
2 河の向こうは田舎 2000/2/21
1 人と車があふれるDOWNTOWN 2000/2/21
マガジン
ミャンマー便り
ミャンマーリポート
エッセイ
ヒットチャート
ヒットチャート
アルバム紹介
マガジントップへ
エッセイ
2004/10/15
ミャンマーエステ/マッサージ体験記-エロス編

2004/7/8
ミャンマーエステ/マッサージ体験記-L'ESPACE編

2004/6/17
ある日本軍兵士の慰霊碑

2004/4/22
ガパリビーチを楽しむ

2004/3/30
グエサウンビーチ紀行

2004/2/25
ミャンマーで働くことを選んだ理由 中編

2004/2/25
ミャンマーで働くことを選んだ理由 前編

2004/1/5
City FM 出演

2003/4/16
ザップエ

2003/2/9
ラッペイエの作り方教わったよ

まちのティーショップしらべ / バンブーハウス

2003/2/3
まちのティーショップしらべ / モダン

まちのティーショップしらべ / トウキョウシンジュク

2003/2/1
まちのティーショップしらべ / モーニングスター

まちのティーショップしらべ / ラーイエッ

2003/1/27
まちのティーショップしらべ / ユミコ

まちのティーショップしらべ / サンカフェジュニア

2003/1/24
まちのティーショップしらべ / セインティンチャ

まちのティーショップしらべ / レッユエッスィン

2003/1/16
まちのティーショップしらべ / ラッキーセブン

まちのティーショップしらべ / はじめに

2003/1/12
障害を乗り越えて

2002/12/31
ビルマに野球を

2002/12/16
歴史カードを使わない国ミャンマー

2002/12/5
ビヤガーデンの楽しみ方 (2)

2002/11/17
ビヤガーデンの楽しみ方 (1)

2002/11/13
泥棒を招き入れた話

2002/8/6
ある若い夫婦の物語

2002/3/12
ジョウピンター村に行く4

ジョーピンター村に行く1〜3

2001/10/11
テテモウの謎 2

2001/10/9
象の足

水が出た!

エッセイページのトップへ

ティンジャン
 by 木村 健一

 今年のテジャン(新年、水掛祭り)は、13日から17日まで、相変らず、水にかけられたい組は、小型トラックに詰め込んだように乗り込んで市中を歓声をあげながら走り回っている。一方水をかけたい人は、マンダと呼ばれる特設舞台が、スポンサー付きで市内のあちこちに建てられる、やはり人気のある人の集まるマンダめざしてトラックやジープにぶら下がるように乗った若者が、 このマンダに集まって来て水を掛けたり掛けられたりしている。
 圧巻はスーレーパゴダの横にある市役所前の広場だ、ここのマンダはヤンゴン1の大きさで、踊りやミャンマー漫才、歌などのステージの横に200人くらいの人がひな壇に成ったマンダから色とりどりカラフルなホースを持っていっせいに水を掛ける。 トラック分乗の若者たちにとって外せないスポットになっている。 何十台もの車が水を掛けられるのを、今か今かと待ちあぐねている。天邪鬼で祭りが嫌いな私は、何もそこまでして水を掛けられたいの良く解らないが、とにかく凄まじい歓声に多くの人たちが嬉々として水を掛けたり掛けられたりしている。そして、この最大のマンダ詣でを終えると若者達は、次なるマンダめざして四方八方市中を駆け回るのである。

 今年のティンジャンはドライバーも手伝いの若者一人も里帰りしていて、気が利かないアウンジー1人が残っているだけなので、市役所前の毎年の喧騒もテレビで見たくらいで、車もつかえないので、家でノラリクラリしている。 多くのスーパーマーケットやレストランも休みになるので、家で作って食べるしかない、アウンジーが何しろ料理が下手なのでこの祭りの間は、自分で久々にキッチンに立つ事にした。
 冷蔵庫や棚をいろいろ改めて見るに、こちらでも手に入る割高の日本製品、(海苔、さまざまなインスタント食品)が、賞味期限を過ぎていたり、カビが生えたりしている。これだから2人も3人も家の手伝いをしてくれてるミャンマー人は居るのだけど、全部気が利かない男だし、ましてや料理のプロは居ない。ぶつぶつ言いながら、久々に料理をした。

 まず買出しだ、すぐ近所に午前中だけ通りそのものが市場になる所があって、ありがたいことにここはティンジャン中でもほとんどの店が(といっても屋台)営業している。
 何にしようかな?とおっさんが青いプラスチックの買い物かご下げて、あまり人に見せれた姿ではないのだが、それでも人垣の中あれやこれや野菜などを物色していると、いきなり背中がヒヤーとして、とっさにヤラレターと思って後ろを振り返ると、2、3人の子供が屋台の陰から大きな水鉄砲で水を掛けている。こんな所にもと思いながら、買い物帰りは、子供5、6人に囲まれて嫌と言うほど水をかけられた。重い荷物で両手がふさがっているので逆らう事も出来ず、びっしょり濡れて帰宅した。やはり1回くらいは水かけられないとテジャンじゃないなんて思いながら。
 あらかた料理の下ごしらえがすむと、犬の散歩が私と犬の健康のための日課である。いつもはカンドーヂ湖の周囲を左周りに日航ホテルや日本大使公邸前をすぎ、日本大使館の前まで行ってそこから引き返してくると大体1時間なのだが、この日は右回りロイヤルカンドーヂホテルのあたりまで散歩することにした。 時々テジャンで走り回っている車も通る。犬を見て何か叫んでいたり、ウォンウォンと吠えてみたり。しかし、この通りには全くマンダは建てられてないし、彼らにしてみれば次に行くマンダのための通過地点なのに、もうすでに夕方であるグッタリ疲れているグループもいるが、大半は元気である。さまざまな服装で乗り込んでいるが、去年一昨年と目をひいたのがハードロックの格好をした髪の毛もハードディップで立たせて、ミャンマーにもこんな連中が居るのだと驚いたが、今年はそこまでの奇異なスタイルは見かけなかったのだけど、全アジア的現象なのだろ茶髪の若者がけっこう目に付いた。 そんな若者をボンヤリ眺めていると、いきなりパシャッと顔面に水が飛んできた。命中させた若者はやったとばかり喜色満面に走りすぎていった。 その後2、3回水を浴びながらの犬の散歩は夕闇に包まれだしたタムエーの町に戻ってきた。

 祭りの若者達のエネルギーが歓声となって遠く近く聞こえる。何故か、一度は自分もトラックに乗って市中を駆け回るのも悪くないなァと思った。

(注)ハードロックの歌手のような格好の連中を、こちらの人はランタエイッと呼んでいる。ラン(道)タエイッ(妖怪)という訳である。

(C) 木村 健一